オフィス探しに悩んだらココ!【オフィス引越し業者比較】

総合ランキング

つながるオフィス
総合評価★★★★★
スイッチオフィス
総合評価★★★★★
トータルオフィスナビ
総合評価★★★★

TOP > 格安でオフィス引越しを > コストダウンのメリットがあるオフィスの引越し

コストダウンのメリットがあるオフィスの引越し

オフィスは商売をするための大事な活動拠点となります。
その活動拠点となる建物は自己所有の業者もありますが、一方で賃貸として契約している業者も多数存在しています。
その賃貸として利用している業者の場合は、商売上の都合あるいは貸主側の都合などで時折にして移転しなければならない日がいずれやってきます。
しかしもしその引っ越さないとならない事態になったとしても、一般住民の引っ越しのようなアバウトな感じで行ってはなりません。
その最大の理由の1つは賃貸契約そのものにあるからです。
プライベートな住民の引っ越しの場合は1か月ほど前に退去宣告をして、そこから引っ越し業者を探して契約が切れる前までに他所へ引っ越せばほとんどすべてが終わります。
残る退去後の原状回復工事や清掃作業は貸主の依頼で行うことになります。


しかしオフィスとしての契約の場合はプライベートな住民の契約とは事情が異なります。
商売利用としての契約では原状回復工事や清掃作業もすべて借主契約によって契約期間内に行わないとならないとしています。
そのため退去は契約期間が終わるずっと前に終わらさなければなりません。
しかも残る原状回復工事も単に業者に依頼をすればそれで終わりではありません。
元の図面や写真などを見せてこんな感じで元に戻してくださいといった感じで細かい工事内容を決めていかなければなりません。
そのためには何月何日に退去して、次の何月何日に原状回復工事をといった感じで何か月も前から決めていかなければなりません。
しかもこの工程表では退去する物件だけに注意していればよいわけではありません。
というのは商売を続ける限りは新しい物件に引っ越さなければならず、そちらにも注意をしないとなりません。


一方の新しい物件に対しては、引っ越しを行う前にはさらにたくさんの工程を決めておかねばなりません。
まずは新しい物件自体を探すための日々を決めないとなりません。
それが決まると今度は引っ越す前に室内工事などの日々を確保しないとなりません。
その室内工事は1日で終わるわけではありません。
なぜなら工事の内容が多岐にわたるからです。
その工事を適正に実行するには、もちろん計画図面がないと話になりません。
そのため計画をするための日々が要求されます。
工事はその計画図面をもとに内装や配線工事が行われます。
まず最初の工事では内装関係が優先されます。
その内装工事の規模次第では数日以上はかかります。
それが終わると今度は情報機材が使えるようにするための配線工事が要求されます。
それらが終わってやっと荷物などの搬入引っ越しが行われることになります。
しかしこれも1日だけではまず終わりません。
荷物を運び入れて適正に使えるように机や棚などをどこに置くか決めるなどしていかないとなりません。
これらの工程表がいい加減で余裕がないとスケジュールが常に遅れがちになり、当日に混乱をきたして商売の続行に支障をきたすことになります。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP