オフィス探しに悩んだらココ!【オフィス引越し業者比較】

総合ランキング

つながるオフィス
総合評価★★★★★
スイッチオフィス
総合評価★★★★★
トータルオフィスナビ
総合評価★★★★

TOP > 格安でオフィス引越しを > オフィスを引っ越すには綿密なスケジュール作成が欠かせない

オフィスを引っ越すには綿密なスケジュール作成が欠かせない

すべての会社は事務所や店舗を自前で所有しないで賃貸として利用している場合もあります。
その事務所であるオフィス用の物件を賃貸として契約する際は、住居用の建物と同様に退去する際は原状回復の工事を契約として義務化されることになります。
というのはこれを義務化しないと室内は荒れ放題となってしまい、貸主は商売として成り立ちにくくなるからです。
さてこの退去時に行うこの契約行動は、近年は住居用の建物で借主と貸主の間でトラブルになる事例が多発し、そのうちの一部は裁判訴訟になることで注目を集めてきました。
そしてそのトラブル多発を受けて国土交通省ではガイドラインを改訂し、通常の損耗を超えない部分は自然劣化ということで、貸主負担ということになっています。
しかしこのガイドラインの内容は商売として利用されるオフィス用では成り立たないことに注意をしないとなりません。


というのは商売用として利用される物件の場合は、そこで活動する社員などの人数も相応に多くなるし、またそこへ出入りする外部の客や取引先などの数も相応に多くなります。
そのため室内の劣化具合は通常の損耗の範囲内に収まりにくくなります。
また商売として利用する場合は、室内の内装などは商売活動として最適になるように改装されるのが一般的となります。
その改装の結果として契約前と後では大幅に仕切りや内装が異なることになります。
だから退去時には原状回復の工事を行わないとならないのですが、その費用割合は住居用と違っていかなる状況でもまず100パーセント借主負担であることを覚悟しなければなりません。
そして実際にそれを示すための過去の裁判判例がいくらか残っています。
しかもその原状に戻すための工事はその実行時期にも気を付けないとなりません。


その原状に戻すための回復工事は、住宅用の場合は住人が契約期間内に退去してから行われるのが一般的となります。
その退去時期は契約期間最終日の当日でも可能となります。
原状を回復するための工事は、住宅用の場合は契約期間外が一般的となります。
しかし商売用として契約している場合は、その退去時期は契約期間が終わるはるか何週間も手前で退去しないとなりません。
なぜなら商売用の契約では原状を回復するための工事も契約期間内に全て済ませなければならないからです。
これが住宅用と商売用の契約をする際の大きな違いとなります。
なおこの工事をする際はたとえ壁や床や天井がキレイであったとしても新品に取り換えるが一般的見解となります。
しかし空調設備や給湯器などはビル設備としての扱いとなるので、それらまでは新品に取り換える必要はないとされます。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP