オフィス探しに悩んだらココ!【オフィス引越し業者比較】

総合ランキング

つながるオフィス
総合評価★★★★★
スイッチオフィス
総合評価★★★★★
トータルオフィスナビ
総合評価★★★★

TOP > 格安でオフィス引越しを > オフィスの引越し費用削減するには

オフィスの引越し費用削減するには

事業が反映して社員数が増え、オフィスが手狭になったら、オフィス移転の考え時です。
日々の業務に忙しい中、オフィス移転は大きな出来事です。
出来れば仕事が休みの時に行い、仕事に差しさわりがないように進めたいですね。
土日が休みという会社は多いですが、土日は引越し業者の値段が高くなってしまいます。
もし取引先に事前通知が出来るなら、あらかじめ臨時休みを周知して、その日に集中して済ませてしまうという方法があります。
もしくは長い連休がある時を利用してそのうちの一日を使うのもよいかもしれません。
シーズン月を避けるだけでもかなり費用を抑えることが出来ます。
なるだけ業者の人数を減らし、自分たちで梱包、開梱、搬入をすれば大幅に費用削減につながります。
自家用車を総動員して小物はすべて業者を使わず、デスクなど大きなものだけを業者に依頼しても良いかもしれません。
節約した費用を社員に還元すれば社員の笑顔に繋がりますね。



オフィスの引越しでは二重支払いに要注意

引越しの手続きを行いますと、今までとは違う会社に契約する事があります。
例えば、通信回線の見直しが行われる事も多いです。
オフィス移転が理由で、別の会社に対する乗り換えが行われる場合があります。
それで注意を要するのは、二重支払いです。
なぜなら乗り換えのタイミングによっては、2つの会社に支払う事になってしまうからです。
例えば今まではAという会社で通信回線を使っていて、Bに乗り換えるとします。
そしてAを解約するのが、3月だとします。
この場合、Aには3月分までの料金を支払う訳です。
ところでBに対する支払い開始時期は要注意です。
タイミング次第では、3月からの課金が生じてしまう事もあります。
つまり3月に、AとBの2社に対する支払いが生じてしまう訳です。
それだけコストが高く付いてしまいますから、支払いの開始日などはよく確認しておく必要があります。



オフィスの引越しのメリットと生産性向上

オフィスでの作業は、よく効率が求められます。
会社の売り上げ数字を追求しますと、できるだけ生産性を高めたいと思う事もある訳です。
ただ生産性は、面積にも左右される傾向があります。
大きな売り上げを上げたいとは望むものの、事務所の面積が限られている時には、業務効率があまり大きく伸びない事もあります。
それでは生産性が伸び悩んでしまいます。
ところが引越しをしますと、生産性の向上が見込めることもあるので、多くの法人はよく検討しています。
というのも新しい事務所に転居した時には、面積がかなり大きくなる事もあるからです。
現在借りている事務所の面積が30平米だとします。
それで新しく50平米の面積の物件を借りれば、少なくとも間取りは広くなります。
それで生産効率が大きく高まる事もありますから、引越しを検討してみる選択肢もある訳です。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP